講演会・セミナー

「社会保険 解体新書」

 参院選前に大きな問題になった「老後2,000万円」問題。

 報告書が公開されたタイミングの問題と麻生財務大臣の対応の問題も有り、野党から激しく噛みつかれてしまい、最終的には「案」として金融庁のHPに掲載されるままとなってしまいました。

 作成が金融庁ですから、それなりの意図を持ったものであろうとは思いますが、ダウンロードして読んだところ、内容としては決して間違った事を述べているとは思いませんでした。

 10年以上前から退職準備セミナーにお招き下さっているある労働組合様から「ユニオンセミナーで社会保険や2,000万円問題についてのお話を」とご依頼があり、10月25日にお話しをさせていただきました。

 社員の皆様が加入されている社会保険、日頃皆様は気付いていらっしゃらないようですが、実はかなりの実力を持っています。 上手く使う事が出来れば2,000万円問題も少しは軽減されるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です